北海の墓標 : アッツ無名戦士の叫び

伊勢田武美 著

[目次]

  • 目次
  • 記 / 1
  • 出陣 / 5
  • 出陣の夜 / 6
  • 盛岡 / 11
  • 小樽待機の一時 / 15
  • 作戦目的開示 / 24
  • 辞世の歌 / 26
  • アリューシャン / 31
  • 濃霧の警笛 / 36
  • 泊地は迫る / 39
  • 激浪に悩む / 42
  • 上陸準備 / 47
  • 上陸 / 51
  • アッツの日々 / 61
  • 穂積部隊、米川部隊の作戦概要 / 62
  • 幕舎構築 / 68
  • 場陸作業のときの惨事 / 74
  • 制空権、敵にあり / 80
  • 釣り / 84
  • アリュート族 / 89
  • アッツ嵐 / 93
  • アッツぼけ / 98
  • 轟沈「ことひら丸」 / 100
  • 飛行場設定 / 106
  • 配備 / 119
  • 死闘 / 125
  • 最後の酒宴 / 126
  • 敵上陸 / 131
  • 山崎部隊本部記録 / 138
  • 五月十三日 / 144
  • 五月十四日 / 155
  • 五月十五日 / 159
  • 五月十六日 / 162
  • 五月十七日 / 165
  • 部下の自爆 / 168
  • 肉迫戦車攻撃 / 169
  • 撤退 / 172
  • 決死隊六名 / 176
  • 高射砲と涙の別れ / 179
  • 苦痛の伝達 / 181
  • 小田島隊全滅 / 184
  • 敵斥候と一騎打ち / 187
  • 傷病者たちの自爆 / 191
  • 生き埋めの別れ / 193
  • 五月十八日以後の戦況 / 204
  • 空腹の斥候 / 209
  • うれしや、かん詰め箱 / 212
  • 五月二十二日 / 214
  • もう構築はたくさん / 216
  • 血まじりの水杯 / 218
  • 機関銃に雪をかけろ! / 221
  • 手榴弾で死ね! / 224
  • 林中尉、切腹 / 228
  • 玉砕へ! / 231
  • 五月二十四、二十五、二十六日 / 232
  • 小野中隊長の最期 / 235
  • 敵迫る / 238
  • 援軍ついに現われず / 242
  • 総攻撃命令 / 245
  • 山崎部隊長 / 247
  • 最後の編成 / 249
  • 玉砕 / 252
  • 江本参謀、沼田副官、広瀬中尉自殺 / 257
  • 絶体絶命 / 260
  • 虜囚 / 261
  • 俘虜 / 262
  • 軍事裁判 / 263
  • 収容所で降伏を知る / 265
  • 帰国 / 267
  • あとがき / 268

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 北海の墓標 : アッツ無名戦士の叫び
著作者等 伊勢田 武美
書名ヨミ ホッカイ ノ ボヒョウ : アッツ ムメイ センシ ノ サケビ
出版元 読売新聞社
刊行年月 1968
ページ数 270p 地図
大きさ 19cm
NCID BN03616225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68010583
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想