帝国議会の歴史と本質

鈴木安蔵, 吉場強 著

[目次]

  • 目次
  • 序章 我が議會政治の由來 / 1
  • 第一章 產業資本成立期の議會政治 / 43
  • 一 議會政治の動向 / 43
  • A 槪觀 / 43
  • B 豫算議決 / 47
  • C 財政政策 / 71
  • D 經濟政策 / 81
  • 二 政治的自由に對する衆議院の要求 / 88
  • 三 議會解散 / 102
  • 四 日淸戰爭の政治的・經濟的意義 / 106
  • 五 政府・立憲自由黨提携の由來 / 110
  • 第二章 產業資本確立期の議會政治 / 114
  • 一 議會政治の動向 / 114
  • A 槪觀 / 114
  • B 豫算議決 / 118
  • C 財政政策 / 138
  • D 經濟政策 / 162
  • 二 政治的自由に對する衆議院の要求 / 175
  • 三 議會解散 / 185
  • 四 日露戰爭の政治的・經濟的意義 / 193
  • 五 憲政黨內閣成立の意義 / 200
  • 六 政友會 / 204
  • 第三章 產業資本成熟期の議會政治 / 210
  • 一 議會政治の動向 / 210
  • A 槪觀 / 210
  • B 豫算議決 / 214
  • C 財政政策 / 225
  • D 經濟政策 / 242
  • 二 政治的自由と議會 / 262

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 帝国議会の歴史と本質
著作者等 吉場 強
鈴木 安蔵
書名ヨミ テイコク ギカイ ノ レキシ ト ホンシツ
シリーズ名 高山叢書 ; 第2巻
出版元 高山書院
刊行年月 昭15
ページ数 270p
大きさ 18cm
全国書誌番号
46063672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想