酒薫旅情 : 琵琶湖が誘う酒と肴の俳諧民俗誌

篠原徹 著

「人と自然の関係性についての民俗学的研究」を追及する著者は酒をくみかわしてからの取材(フィールドワーク)に多くの発見を得てきた。終の棲家に定めた滋賀・近江の地で酒蔵をめぐり、ゆかりの松尾芭蕉と与謝蕪村が残した酒・酒肴詩(俳句)から近世の飲酒文化を探るうち、酒と食の歴史が秘めた京都千年の真実にたどりつく。後半はエチオピアや中国海南島の少数民族が持つ強烈な飲酒文化調査の裏話を披露。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 酔っぱらいの余技あるいは言い訳
  • 第1章 近江の酒と肴
  • 第2章 芭蕉の酒と肴
  • 第3章 蕪村の酒と肴
  • 第4章 岡山地酒紀行
  • 第5章 主食としての酒(エチオピア・コンソ村の調査より)
  • 第6章 一杯二杯また三杯の酒(中国海南島のリー族社会の調査より)
  • おわりに 泥酔から醒めての言い訳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酒薫旅情 : 琵琶湖が誘う酒と肴の俳諧民俗誌
著作者等 篠原 徹
ほろよいブックス編集部
書名ヨミ シュクン リョジョウ : ビワコ ガ イザナウ サケ ト サカナ ノ ハイカイ ミンゾクシ
書名別名 Shukun ryojo
シリーズ名 ほろよいブックス
出版元 社会評論社
刊行年月 2014.1
ページ数 217p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7845-1721-3
NCID BB15321891
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22364023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想