翻訳教育

野崎歓 著

我々はみな、「翻訳」している-人間の営みは、互いが互いを訳しあう中から立ち上がってきたのではないか。スタンダールからウエルベックまで手掛けるフランス文学の名翻訳家がその営為の本質に迫り、言葉・文学・世界を思索する極上のエッセー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 翻訳の大いなる連鎖
  • 2 翻訳者の情熱と受苦
  • 3 ロマン派の旗のもとに
  • 4 再現芸術としての翻訳
  • 5 偉大な読者たち-マーラーと鴎外
  • 6 永遠に女性的なるもの?
  • 7 翻訳教育
  • 8 合言葉は「かのように」
  • 9 トランスレーターズ・ハイ
  • 10 翻訳の味わい

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 翻訳教育
著作者等 野崎 歓
書名ヨミ ホンヤク キョウイク
書名別名 Hon'yaku kyoiku
出版元 河出書房新社
刊行年月 2014.1
ページ数 214p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-02251-2
NCID BB14658765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22360632
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想