新・電子立国  第1巻 (ソフトウェア帝国の誕生)

相田洋, 大墻敦 著

かつてはコンピューターの付属物にすぎなかったソフトウェア。いまやコンピューターもソフトウェアがなければ"ただの箱"といわれる。ソフトウェアとは人間の頭の中にある夢や欲望を紙に書いたことにはじまる。なぜ"ただの紙"が巨万の富を生むのか。一般家庭に浸透しているパソコンから果ては地球的広がりを持つインターネットまでを視野に入れコンピューター・ソフトウェア産業が莫大な利益をあげ得る構造とそれらを築き上げた創造者たちの思想と方法に迫り何が21世紀のビジネスとなるかを予見する迫真のヒューマン・ドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ パソコンソフト産業の覇権をにぎる男、ビル・ゲイツ
  • 第1章 世界最大のソフトウェア企業、マイクロソフト社
  • 第2章 ビル・ゲイツは、いかにして才能を開花させたか
  • 第3章 マイクロソフト社の草創期
  • 第4章 パソコン産業の黎明期
  • 第5章 IBMパソコンの誕生とMS‐DOS開発
  • 第6章 誰でも使えるコンピューターの登場
  • エピローグ パソコン時代の創造的人間たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・電子立国
著作者等 大墻 敦
相田 洋
書名ヨミ シン デンシ リッコク
書名別名 ソフトウェア帝国の誕生
シリーズ名 NHKスペシャル
巻冊次 第1巻 (ソフトウェア帝国の誕生)
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1996.10
ページ数 332p
大きさ 20cm
ISBN 4140802715
NCID BN15215593
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98005204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想