日本中世思潮芸術

渡辺保 著

[目次]

  • 目次
  • 第一部 中世思潮
  • 第一章 厭世思想 / 12
  • 公家文化の衰勢 / 12
  • 末法思想 / 14
  • 「愚管抄」、「平家物語」 / 21
  • 「方丈記」と「徒然草」 / 29
  • 第二章 國家意識 / 39
  • 和學の勃興 / 39
  • 承久合戰、元寇、建武中興 / 44
  • 「神皇正統記」 / 49
  • 第三章 武家の道義 / 55
  • 武士道の成立 / 55
  • 武勇と質素 / 62
  • 道義の頽廢 / 65
  • 第四章 庶民の向上 / 73
  • 文化の普及 / 73
  • 經濟關係の變化 / 78
  • 一撥 / 80
  • 第五章 結論 / 84
  • 第二部 中世藝術
  • 第一章 和歌 / 88
  • 「金槐集」と實朝の環境 / 88
  • 當時の歌壇と「萬葉集」 / 94
  • 『幽玄體』の提唱 / 102
  • 定家以後の歌風 / 107
  • 第二章 軍記物 / 120
  • 武家的の文學 / 120
  • 動作本位の描寫 / 124
  • 客觀的批判 / 131
  • 新知識層の文學 / 137
  • 第三章 連歌 / 140
  • 文壇の不安定感 / 140
  • 連歌の形式と庶民文藝 / 141
  • 連歌道に於ける『幽玄』 / 152
  • 武家文藝と庶民文藝 / 154
  • 第四章 演劇 / 157
  • 『幽玄』の妖艷化 / 157
  • 能樂の成立と特性 / 157
  • 能樂論に於ける『幽玄』 / 163
  • 狂言の庶民性 / 169
  • 第五章 美術 / 173
  • 建築藝術の槪觀 / 173
  • 彫刻の寫實主義 / 181
  • 繪卷物その他 / 188
  • 結び / 191
  • 第六章 結語 / 193
  • 武家時代と武家藝術 / 193
  • 前代の繼承としての和歌 / 195
  • 新藝術作品の取材 / 196
  • 武士の貴族化 / 198
  • 近世文藝の母胎 / 199
  • 要約 / 200
  • 附 中世藝術に關する年表 堀河天皇より後土門天皇に至る / 201
  • 揷入圖目次
  • 東求堂 / 16
  • 金閣 / 17
  • 雪舟の繪 / 103
  • 元信の繪 / 107
  • 興福寺天燈鬼と龍燈鬼 / 185
  • 圓覺寺舍利殿 / 189

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本中世思潮芸術
著作者等 渡辺 保
書名ヨミ ニホン チュウセイ シチョウ ゲイジュツ
書名別名 Nihon chusei shicho geijutsu
シリーズ名 日本歴史全書 ; 第17
出版元 三笠書房
刊行年月 昭14
ページ数 233p
大きさ 17cm
全国書誌番号
46069601
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想