労働運動の展開と労使関係 : 労使関係の国際比較

飯田鼎 著

本書は、1965年(昭和40年)以来、著者が追求しつづけた研究テーマ、「日本の労働組合とヨーロッパのそれとの比較」を、労働運動の展開と労使関係の歴史的形成という観点から論じたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 問題の所在-比較労働運動論研究の意義
  • 第2章 労働市場の形成と労働組合運動
  • 第3章 独占資本主義と労働運動
  • 第4章 転換期の労働運動と労使関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働運動の展開と労使関係 : 労使関係の国際比較
著作者等 飯田 鼎
書名ヨミ ロウドウ ウンドウ ノ テンカイ ト ロウシ カンケイ : ロウシ カンケイ ノ コクサイ ヒカク
シリーズ名 飯田鼎著作集 / 飯田鼎 著 第2巻
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1997.6
ページ数 397, 21p
大きさ 22cm
ISBN 4275016653
NCID BA31005749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98003639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想