大学は緑の眼をもつ

小林康夫 著

いま、大学はどう変わろうとしているのか。未来に向けた大胆なカリキュラム改革で全国の注目を集めている東京大学教養学部に所属し、『知の技法』シリーズの編集でもその名を轟かせた著者の初の大学論集。大学教師であるとはどういうことか、国際的および学外的活動もふくめた知的実践をつうじてみずからの全方位的人間性をそのまま開陳したスーパーエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 大学は緑の眼をもつ
  • 2 大学を開く-『知の技法』をめぐって
  • 3 大学の「楽しみと日々」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学は緑の眼をもつ
著作者等 小林 康夫
書名ヨミ ダイガク ワ ミドリ ノ メ オ モツ
書名別名 Daigaku wa midori no me o motsu
出版元 未来社
刊行年月 1997.6
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 4624011368
NCID BA31096507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98018706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想