視線の物語・写真の哲学

西村清和 著

写真という「自然の鉛筆」。そこに、潜在する数多の未知の物語。「撮る」「撮られる」「見る」-三つの視線はけっして収斂しない。宙づりの視線たちが紡ぎだす多義的な物語とは?カメラ・アイに潜む「匿名の視線」とは?「写真行為の哲学」が、あらたな視線の倫理(エートス)を要請する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 あらたな視覚経験
  • 第1章 写真という物語
  • 第2章 アイデンティティーのゆらぎ-肖像写真
  • 第3章 イメージ・デモクラシー
  • 第4章 外貌の解釈学-顔写真
  • 第5章 欲望のファンタジー-ポルノ写真
  • 第6章 写真行為のエートス-報道写真

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 視線の物語・写真の哲学
著作者等 西村 清和
書名ヨミ シセン ノ モノガタリ シャシン ノ テツガク
書名別名 Shisen no monogatari shashin no tetsugaku
シリーズ名 講談社選書メチエ 106
出版元 講談社
刊行年月 1997.6
ページ数 282p
大きさ 19cm
ISBN 406258106X
NCID BA31011606
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98011616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想