応用英語学の研究 : 知的連鎖思考からの発想

中田康行 著

本書は、将来、英語の教師になろうと思っている学生、また、既に教壇に立っている方々、さらには、広い意味で言語教育に携わっている人たちを直接の読者に意図した書物である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 「なぜ英語学を学ぶのか」
  • 2章 「英語学者」と「英語教師」/IdealizationとSimplification
  • 3章 "Language Use"と"Grammatical Competence"
  • 4章 第二言語の習得とCLT(Communicative Language Teaching)
  • 5章 「語用論」と「談話分析」
  • 6章 Communicative Competenceをめぐって
  • 7章 「言語学」の視点から
  • 8章 英語の系譜を訪ねて
  • 9章 現代の言語研究(主要アプローチ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 応用英語学の研究 : 知的連鎖思考からの発想
著作者等 中田 康行
書名ヨミ オウヨウ エイゴガク ノ ケンキュウ : チテキ レンサ シコウ カラノ ハッソウ
書名別名 Oyo eigogaku no kenkyu
出版元 晃洋書房
刊行年月 1997.5
ページ数 224p
大きさ 22cm
ISBN 4771009457
NCID BA30888292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98010006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想