密教通史

三浦章夫 著

[目次]

  • 密敎通史
  • 目次
  • 第一編 印度に於ける密敎
  • 第一章 龍猛菩薩 / 1
  • 第二章 兩部大經 / 5
  • 第三章 龍智菩薩及び雜部密敎の發達 / 7
  • 第二編 支那に於ける密敎
  • 第一章 善無畏三藏と一行阿闍梨 / 11
  • 第二章 金剛智三藏の傳譯 / 16
  • 第三章 不空三藏の統一 / 20
  • 第四章 惠果阿闍梨の繼紹 / 26
  • 第五章 晩唐の密敎 / 30
  • 第六章 宋時代及び以後の密敎と喇嘛敎 / 32
  • 第七章 朝鮮の密敎 / 34
  • 第三編 日本に於ける眞言宗
  • 第一章 平安朝以前の雜部密敎 / 37
  • 第二章 弘法大師 / 40
  • 第三章 立敎開宗 / 47
  • 第四章 大師の門下 / 49
  • 第五章 入唐請益の諸家 / 55
  • 第六章 東密台密の關係 / 60
  • 第七章 貞觀時代の槪觀 / 63
  • 第八章 本覺大師と仁和寺敎團 / 65
  • 第九章 理源大師と醍醐勸修寺の剏建 / 71
  • 第十章 聖敎の整理と學解の進展 / 75
  • 第十一章 寬朝大僧正と廣澤流 / 78
  • 第十二章 仁海僧正と小野流 / 81
  • 第十三章 院政時代の密敎 / 84
  • 第十四章 野澤根本十二流 / 85
  • 第十五章 覺鑁上人と大傳法院流 / 94
  • 第十六章 密敎美術の發達 / 101
  • 第十七章 鎌倉時代の槪觀 / 105
  • 第十八章 眞言律宗 / 109
  • 第十九章 高野山の敎相學硏究 / 112
  • 第二十章 賴瑜贈僧正と新義派の興起 / 117
  • 第二十一章 眞言密敎の關東流布 / 123
  • 第二十二章 鎌倉時代の密敎美術及び神佛習合思想 / 125
  • 第二十三章 後宇多法皇及び吉野朝時代の槪觀 / 130
  • 第二十四章 足利室町時代の槪觀 / 138
  • 第二十五章 織田豐臣時代の槪觀 / 146
  • 第二十六章 江戶時代初期の槪觀 / 154
  • 第二十七章 智豐兩山の分離 / 160
  • 第二十八章 戒律の復興運動 / 168
  • 第二十九章 元祿時代智豐兩山敎學の發展 / 175
  • 第三十章 關東新義眞言宗の勃興 / 179
  • 第三十一章 元祿以後智豐兩山の興學 / 184
  • 第三十二章 明治時代及び以後の槪觀 / 188
  • 印度及支那地圖 / 10
  • 京都附近地圖 / 87
  • 畿內地方眞言寺院 / 101

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 密教通史
著作者等 三浦 章夫
書名ヨミ ミッキョウ ツウシ
書名別名 Mikkyo tsushi
出版元 新義真言宗豊山派宗務所教学部
刊行年月 昭14
ページ数 196p
大きさ 23cm
NCID BA63154068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46074599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想