言葉と建築 : 建築批評の史的地平と諸概念

土居義岳 著

「時代精神」よ、さようなら。「精神」によって硬直化してきた「建築」を、「言葉」によって解きほぐす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序-建築を語ること
  • 「美」の機能
  • 『様式』の誕生と合理主義
  • 空間という超越
  • ヘーゲルと芸術の終焉
  • デコル論の起源と系譜
  • 自然と日本的枠組み
  • エンタシス症候群
  • ヴェルフリンという構築
  • ビルディング・アーキテクチュアという切断〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言葉と建築 : 建築批評の史的地平と諸概念
著作者等 土居 義岳
書名ヨミ コトバ ト ケンチク : ケンチク ヒヒョウ ノ シテキ チヘイ ト ショガイネン
出版元 建築技術
刊行年月 1997.5
ページ数 367p
大きさ 22cm
ISBN 4767700795
NCID BA30585949
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98008639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想