酒呑童子の首

小松和彦 著

鬼や妖怪とはなにか。また彼らの棲む異界とはどこか。天皇の支配する都(王土)を外からおびやかす大江山の酒呑童子を典型とする反権力の存在に光をあてながら中世民衆の想像力がつむぎだす闇の世界のイメージを説話・お伽草子・絵巻のなかに探った著者の最新評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 鬼と権力(酒呑童子の首-日本中世王権説話にみる「外部」の象徴化
  • 「虎の巻」のアルケオロジー-鬼の兵法書を求めて
  • 蓑着て笠着て来る者は…-もう一つの「まれびと」論に向けて)
  • 2 生と死の境界(流される神々-「小栗判官譚」を手がかりに
  • 輪廻転生譚をめぐって
  • 生と死の境界 ほか)
  • 3 異類と異界(影のオカルティズム
  • 占いの精神史
  • 傘お化けの出自 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酒呑童子の首
著作者等 小松 和彦
書名ヨミ シュテン ドウジ ノ クビ
書名別名 Shuten doji no kubi
出版元 せりか書房
刊行年月 1997.4
ページ数 258p
大きさ 20cm
ISBN 4796702040
NCID BA30811797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97074063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想