ロック『市民政府論』を読む

松下圭一 著

ひろく政治・憲法構造を解く鍵はジョン・ロック(一六三二‐一七〇四)の読み方にある。市民政治理論の古典的形成者であったロックは、ヨーロッパの"近代"理論を準備し、また日本国憲法にまで影響を与えた。ロック思想の普遍性を明らかにした本書は、政治学・政治思想史の格好の道案内であり、"現代"とは何かという問いにも答える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史のなかのロック
  • 第2章 『市民政府論』の座標
  • 第3章 政治理論における"近代"
  • 第4章 市民社会のイメージ
  • 第5章 自由の政治構想
  • 第6章 政治理論の"現代"へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロック『市民政府論』を読む
著作者等 松下 圭一
書名ヨミ ロック シミン セイフロン オ ヨム
書名別名 Rokku shimin seifuron o yomu
シリーズ名 学術 304
統治二論 304
岩波現代文庫 304
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.1
ページ数 293p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600304-3
NCID BB14510130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22366560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想