仏教に学ぶ対話の精神

植木雅俊 著

人間どうしの対話に問われるものは寛容の精神であり、平等の思想である。真の対話は大乗仏教における菩薩道の実践と直結するものといってよい。「真の自己」と『他者』との在り方を実践的に追求しつつ、現代社会における仏教思想の意義を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「自行化他」の必然性
  • 第2章 仏教に学ぶ対話の精神
  • 第3章 不軽菩薩に学ぶ「人の振舞」
  • 第4章 「人法体一」に見る平等観
  • 第5章 法華経の行者・日蓮の時間意識
  • 第6章 日蓮の通力観
  • 第7章 中村元先生のスペイン訪問に寄せて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仏教に学ぶ対話の精神
著作者等 植木 雅俊
書名ヨミ ブッキョウ ニ マナブ タイワ ノ セイシン
書名別名 Bukkyo ni manabu taiwa no seishin
出版元 中外日報社
刊行年月 1997.2
ページ数 322p
大きさ 19cm
ISBN 4795289395
NCID BA52302800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97068322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想