地球を動かしてきた生命

ピーター・ウェストブルック 著 ; 遠藤一佳 ほか共訳

地球環境の破壊が、国際的な問題になっている今日、この地球環境がどのようにしてつくられ、維持されてきたかについての科学者からのメッセージである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 特異な惑星、親愛なる大地
  • 2 移動するプレート
  • 3 安定と変化
  • 4 ロバート・ギャレルズの地球モデル
  • 5 生命と岩石循環
  • 6 小さき者の力
  • 7 岩石は進化する
  • 8 つつましい立役者たち
  • 9 生物圏
  • 10 ガイアとフランケンシュタイン
  • 11 ひとつになった生命
  • 12 私たちの先祖が氷河期を引き起こしたのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球を動かしてきた生命
著作者等 Westbroek, P.
Westbroek, Peter
大路 樹生
遠藤 一佳
阿部 勝巳
ウェストブルック ピーター
書名ヨミ チキュウ オ ウゴカシテキタ セイメイ
書名別名 Life as a geological force

Chikyu o ugokashitekita seimei
出版元 国際書院
刊行年月 1997.4
ページ数 284p
大きさ 19cm
ISBN 4906319661
NCID BA30215203
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97067106
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想