迷路の殺人

ヴァン・グーリック 著 ; 魚返善雄 訳

[目次]

  • 目次
  • 登場人物の紹介
  • 第一章 蓮池で会つたふしぎな人 狄判官、蘭坊途上の受難 / 1
  • 第二章 狄判官、第一回の裁判を開く 書類に見えた未解決の問題 / 24
  • 第三章 判官が市場で見たケンカ 靑年は父が殺されるという / 44
  • 第四章 陶幹の報吿した奇怪な古家 やみの裁判所に設けられたワナ / 57
  • 第五章 二十人の惡党がま夜中に襲擊 狄判官、危険をおかして行く / 71
  • 第六章 四人の組合がしらが招かれ 倪夫人、裁判所にふしぎな絵を出す / 87
  • 第七章 三人の惡僧、ついに惡の報いを受け 「秀才」の屆けて出た残忍な殺人 / 104
  • 第八章 老將軍は書斎で殺されていた 狄判官が犯罪の現場を見に行く / 123
  • 第九章 狄判官、死者の部屋でひとり考え込む 檢死の結果、死因が判明した / 133
  • 第十章 狄判官、風変わりな靑年を訪れる 役所の中で絵の批評会 / 148
  • 第十一章 陶幹が破れ寺に張り込み 馬栄がいい相手と飮みくらべ / 168
  • 第十二章 狄判官、二つの絵の秘密を論じ 若い娘、熱烈な恋文を発見する / 185
  • 第十三章 倪継、知事の訪問に茶のもてなし 判官はふたたび將軍の書斎を調査する / 204
  • 第十四章 死人の部屋からふしぎな手がかり 判官の部下、犯人をとらえに行く / 220
  • 第十五章 絵かき吳峯、ついに秘密を白狀 狄判官、町の東部を調べさせる / 232
  • 第十六章 馬栄、壳笑の街を調査 けしからぬ計画の仲間入り / 254
  • 第十七章 倪夫人、ふたたび裁判所を訪問 古い別莊からふしぎな発見 / 273
  • 第十八章 狄判官、老隱士をたずねる決心 馬栄、鼓楼で相手の男をとらえる / 292
  • 第十九章 隱者は語る、人生の目的 判官、老総督の秘密を知る / 314
  • 第二十章 逆賊の首領、ゴウモンされて自白 ふしぎな陰の人、ついに判明 / 332
  • 第二十一章 狄判官、將軍暗殺事件を解決 喬泰、軍隊の悲劇を語る / 352
  • 第二十二章 丁將軍暗殺の眞相を判官が說く 掛け物の秘密も明かるみに出た / 379
  • 第二十三章 判官、部下と共に迷路に深く入る 秘密のあずま屋で物すごい発見 / 396
  • 第二十四章 若い女が有名な美術家を訪問 犯人は意外なところでつかまつた / 416
  • 第二十五章 極惡の犯人たち、重い罰を受け 狄判官、難解な対句の意味をさとる / 440

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 迷路の殺人
著作者等 Gulik, Robert Hans van
魚返 善雄
ヴァン・グーリック
書名ヨミ メイロ ノ サツジン
出版元 大日本雄弁会講談社
刊行年月 1951
ページ数 475p
大きさ 19cm
NCID BA43263005
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51006459
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想