ビスマルク伝  第5巻

エーリッヒ・アイク 著 ; 吉田徹也, 新妻篤 訳

本書には北ドイツ連邦の成立とそれにつづく対フランス戦争、そしてドイツ帝国創設にいたる時期のビスマルク像が描き出されている。それは政治家として絶頂期にあるビスマルクの姿であり、この不世出の大政治家がまさにヨーロッパの歴史をぬりかえた時期の姿である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第8章 北ドイツ連邦-1867年(和平の後
  • 憲法案の起草
  • ルクセンブルク問題で戦雲
  • ヴェルフェン基金問題 ほか)
  • 第9章 対フランス戦争-1870‐71年(外交活動の集中展開
  • 陣中で
  • 休戦交渉
  • ロシア、黒海条約を破棄 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビスマルク伝
著作者等 Eyck, Erich
加納 邦光
吉田 徹也
小崎 順
救仁郷 繁
新妻 篤
渋谷 寿一
アイク エーリッヒ
書名ヨミ ビスマルク デン
書名別名 Bismarck

Bisumaruku den
巻冊次 第5巻
出版元 ぺりかん社
刊行年月 1997.4
ページ数 314p
大きさ 22cm
ISBN 483150744X
NCID BN0955365X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97060633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想