土佐日記精解

今泉忠義 著

[目次]

  • 目次
  • をとこもすといふ(發端) / 7
  • それのとし(承平四年十二月廿一日、門出) / 8
  • ある人(大津) / 9
  • 廿二日に(同) / 11
  • 廿三日(同) / 13
  • 廿四日(同) / 15
  • 廿五日(同) / 16
  • 廿六日(同) / 17
  • 廿七日(鹿兒崎-浦戶) / 20
  • また、ある時には / 22
  • かく別れがたくいひて / 23
  • このをりに / 26
  • 廿八日(大湊) / 27
  • 廿九日(同) / 27
  • 元日(承平五年、同) / 28
  • 二日(同) 三日(同) 四日(同) 五日(同) 六日(同) / 31
  • 七日(同) / 33
  • かくて、このあひだに / 37
  • この歌主は / 40
  • 八日(同) / 43
  • 九日のつとめて(宇多の松原) / 46
  • これより今は / 47
  • かくて 宇多の松原を / 49
  • かくあるを見つつ・十日(奈半) / 51
  • 十一日(奈半-羽根-奈良志津-室津) / 56
  • この羽根といふ所 / 58
  • 十二日(室津) / 59
  • 十三日のあかつきに / 60
  • 十四日(同) / 62
  • 十五日(同) / 64
  • 十六日(同) / 65
  • 十七日(同) / 67
  • 十八日(同) / 70
  • この歌どもを / 71
  • 十九日(同) / 73
  • 廿日(同) / 73
  • 廿一日(御崎) / 78
  • かくうたふを聞きつつ / 80
  • 廿二日(海上碇泊?) / 82
  • 廿三日(同) 廿四日(同) 廿五日(同) / 84
  • 廿六日(同) / 86
  • このほどに風のよければ / 88
  • 廿七日(同) 廿八日(同) / 89
  • 廿九日(土佐泊) / 92
  • かくいひつつ漕ぎゆく / 94
  • 卅日(阿波水門-沼島-たな川-和泉灘) / 96
  • 二月一日(和泉灘-黑崎松原-箱の浦) / 99
  • 二日(?) 三日(?) / 102
  • 四日(?) / 103
  • 五日(小津-石津-住吉) / 106
  • けふ、浪なたちそ / 109
  • かくいひてながめつつ來るあひだに / 112
  • 六日(難波津-河尻) / 115
  • 七日(同) / 117
  • 八日(鳥養の御牧) / 120
  • 九日(和田の泊-渚の院-鵜殿) / 121
  • かくのぼる人々のなかに・十日(同) / 124
  • 十一日(相應寺-山崎) / 126
  • 十二日(同) 十三日(同) 十四日(同) 十五日(同) / 127
  • 十六日(島坂-桂川-京) / 129
  • 夜になして / 130
  • 家にいたりて / 132
  • さて池めいてくぼまり / 134
  • 解說
  • 一、 作者紀貫之 / 137
  • 二、 貫之の歌と文と / 140
  • 三、 土佐日記 / 147
  • 四、 諸本 / 148
  • 五、 註釋書 / 152

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 土佐日記精解
著作者等 今泉 忠義
紀 貫之
書名ヨミ トサ ニッキ セイカイ
書名別名 Tosa nikki seikai
出版元 国元書房
刊行年月 1953
ページ数 154p 図版
大きさ 19cm
NCID BA78018110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53004012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想