免疫の反逆 : 進化した生体防御の危機

ウィリアム・R.クラーク 著 ; 反町洋之, 反町典子 訳

生物の中で最も進化した生体防御システムであるヒトの免疫系は、自己にとって異物である細菌やウイルスから私たちを守ってくれる。しかし、実はそれは諸刃の剣であり、過敏症、アレルギー、自己免疫疾患、臓器移植などにおいて、免疫系はヒト自らに反逆してくる。エイズやストレスなど現代医療の最前線も踏まえ、免疫の仕組み・その問題点をわかりやすく、系統的に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 科学への序曲-天然痘と免疫学の起源
  • 第2章 免疫応答の仕組み
  • 第3章 風船の中の人生-原発性免疫不全症
  • 第4章 過敏症とアレルギー
  • 第5章 恐怖の自己中毒-自己破壊の免疫学
  • 第6章 生体の防御壁が崩壊するとき-AIDS
  • 第7章 臓器移植-技術と倫理の境界を探る
  • 第8章 脳と免疫系との対話
  • 付章 多様性、寛容、記憶-正義の味方の免疫系とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 免疫の反逆 : 進化した生体防御の危機
著作者等 Clark, William R
反町 典子
反町 洋之
クラーク ウィリアム・R.
書名ヨミ メンエキ ノ ハンギャク
書名別名 At war within

Men'eki no hangyaku
出版元 三田出版会
刊行年月 1997.2
ページ数 373p
大きさ 20cm
ISBN 4895831779
NCID BN16079435
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97057797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想