文学の皮膚

谷川渥 著

女の肌、逆ピグマリオニズム、肉体、影、分身、肖像、ドン・ファン、デカダンスをモチーフとして、8人の作家のテクストに「ホモ・エステティクス(美的人間)」の諸相を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 谷崎潤一郎-文学の皮膚
  • 2 梶井基次郎の「影」
  • 3 見ることの狂気-川端康成の逆ピグマリオニズム
  • 4 薔薇と林檎-三島由紀夫の肉体論
  • 5 安部公房の皮膚論
  • 6 誘惑者の論理-キルケゴールのドン・ファン論
  • 7 デ・ゼッサントの部屋-デカダンスとはなにか
  • 8 表面と象徴-『ドリアン・グレイの肖像』について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学の皮膚
著作者等 谷川 渥
書名ヨミ ブンガク ノ ヒフ
書名別名 ホモ・エステティクス
出版元 白水社
刊行年月 1997.1
ページ数 200p
大きさ 20cm
ISBN 4560046190
NCID BN15831371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97053598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想