映画=イマージュの秘蹟

前田英樹 著

カラックス、エリセ、アンゲロプロス、キアロスタミ、タルコフスキー、パラジャーノフ、ソクーロフ…。80〜90年代を代表する映像作家の作品を、深く激しく精密に論じつつ、映画=イマージュの途方もない本性を一挙に解き明かし、人間の思惟の歴史を揺るがす革命的映画論。ジル・ドゥルーズの「シネマ」以降の批評物語の地平を大胆に凌駕する、来たるべき時代の思考=機械。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 見ることの苦痛について
  • 第2章 運動の個体化について
  • 第3章 存在の静止について
  • 第4章 過去の即自存在について
  • 第5章 回想の諸水準について
  • 第6章 唯一の時間について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画=イマージュの秘蹟
著作者等 前田 英樹
書名ヨミ エイガ イマージュ ノ ヒセキ
書名別名 Eiga imaju no hiseki
出版元 青土社
刊行年月 1996.7
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 4791754743
NCID BN14801896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97053507
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想