ことわざの生態学 : 森・人・環境考

只木良也 著

本書は故事ことわざ、成句や慣用句をモチーフに、森の自然のしくみと働き、森と人との付き合い、森を介した環境問題への提言などを綴ったユニークな読みもの。長年森林を相手にしてきた生態学者が趣味も交えて語る、森林科学論・森の雑記帳です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文明の前には森林があり文明の後には砂漠が残る
  • 金は天下の回りもの
  • 枝葉末節
  • あとは野となれ山となれ
  • 情けは人の為ならず
  • 高山の頂には美木なし
  • 樹あるを以て貴しとなす
  • 目には青葉山ほととぎす初鰹
  • 花の生命は短くて
  • 山川草木悉皆成仏
  • 風が吹けば桶屋が儲かる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことわざの生態学 : 森・人・環境考
著作者等 只木 良也
書名ヨミ コトワザ ノ セイタイガク
書名別名 Kotowaza no seitaigaku
シリーズ名 丸善ブックス 58
出版元 丸善
刊行年月 1997.1
ページ数 228p
大きさ 19cm
ISBN 4621060589
NCID BN15878568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97053359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想