キリスト教史  5

上智大学中世思想研究所 編訳・監修

宗教改革と対抗宗教改革-教会は未曾有の危機と革新の局面を迎える。この時代にはまたキリスト教と日本が出会った。オスマン帝国下での正教会の動向と併せて、17世紀初頭までの激動の歴史が描かれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 スペインと世界教会への歩み
  • 第2章 宗教改革前夜の危機
  • 第3章 ルターの個人的活動としての、またヨーロッパの運命としての宗教改革
  • 第4章 回答と防御-新しい諸勢力とトリエント公会議
  • 第5章 トリエント公会議の精神の実現-教会の内部的刷新と積極的防衛(反宗教改革)
  • 第6章 十六世紀末のキリスト教とその人間像
  • 第7章 オスマン帝国内の正教会
  • 第8章 日本とキリスト教との出会い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリスト教史
著作者等 Tüchle, Hermann
上智大学中世思想研究所
Bouman Cornelius・A.
T¨uchle Hermann
le Brun Jacques
ブーマン コルネリウス・A.
ル・ブラン ジャック
テュヒレ ヘルマン
書名ヨミ キリストキョウシ
書名別名 信仰分裂の時代

Kirisutokyoshi
シリーズ名 平凡社ライブラリー 183
巻冊次 5
出版元 平凡社
刊行年月 1997.1
ページ数 629p
大きさ 16cm
ISBN 4582761836
NCID BN15778971
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97052800
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
信仰分裂の時代 ヘルマン・テュヒレ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想