ジャンヌ・ダルク超異端の聖女

竹下節子 著

「正統-異端」の枠組みを超えて、ヨーロッパの心性に影響してきたキリスト教のもう一つの地平「超異端」。その神秘の力を体現した女たちのエネルギー渦巻く中世に現れ、神話的存在となった処女戦士を、あらたな視点で描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ジャンヌ・ダルクとはだれか
  • 第1章 ジャンヌ・ダルクの先駆者たち-カリスマと聖女
  • 第2章 神の「声」を聞いた少女
  • 第3章 中世の政治と宗教-少女戦士はいかにして誕生したか
  • 第4章 戦場の乙女
  • 第5章 ジャンヌの最期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャンヌ・ダルク超異端の聖女
著作者等 竹下 節子
書名ヨミ ジャンヌ ダルク チョウイタン ノ セイジョ
書名別名 Jannu daruku choitan no seijo
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1997.1
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 406149337X
NCID BN15777731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97051185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想