青天有月 : エセー

松浦寿輝 著

薄明の光の主題をめぐって織り上げられた言葉が黄昏の青い闇のようにたゆたう。幼年の記憶の中へ遠ざかってゆく足音に耳を澄ましつつ、ゆるやかに綴られた「随想」のエクリチュール。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 黄昏と暁闇
  • 青い時間の静寂
  • 昔の光
  • 空を仰ぐこと
  • 反射と点滅
  • スタンダールのイタリア
  • 傷と紐
  • きしゃぽっぽと金魚
  • 断つこと、放つこと
  • 足音が遠ざかる
  • 月と放心
  • 「人生の道の半ばにして…」
  • 白について
  • 貧しい光

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青天有月 : エセー
著作者等 松浦 寿輝
書名ヨミ セイテン ウゲツ : エセー
書名別名 Seiten ugetsu
出版元 思潮社
刊行年月 1996.12
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 4783715742
NCID BA30679907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97048943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想