北の銀河鉄道 : 第三セクター経営のゆくえ

佐藤正之 著

開基100年を迎えた北海道北見市とワインで有名な池田町の間の140キロを走るふるさと銀河線は、89年6月に第三セクター鉄道として、期待と不安をもって再スタートした。その鉄道と沿線の市町村の100年の歴史から、現在の日本を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 沿線を行く
  • 第2章 歴史を歩む
  • 第3章 未来を問う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北の銀河鉄道 : 第三セクター経営のゆくえ
著作者等 佐藤 正之
書名ヨミ キタ ノ ギンガ テツドウ
書名別名 Kita no ginga tetsudo
出版元 日本評論社
刊行年月 1996.12
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 4535582181
NCID BN15592838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97043650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想