歌と宗教 : 歌うこと。そして祈ること

鎌田東二 著

人間は、歌うために生まれてきた。歌とは命そのものであり、命は歌なのである-。スサノオ神話や古今和歌集、聖書から黒人霊歌まで。古来より歌は宗教と深い関わりがあった。世界の宗教と歌との繋がりとは何か。歌の起源、そして歌の持つ力とは何か。神道ソングライターとしての活動15周年を迎える気鋭の宗教学者、鎌田東二がその歴史と秘密を明かす!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 わたしが歌うようになったわけ
  • 第1章 日本の歌の起源と精神
  • 第2章 人類の発祥と宗教と歌
  • 第3章 読経と歌
  • 第4章 歌うことと祈ること
  • 終章 人に笑われるリッパな神道ソングライターに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌と宗教 : 歌うこと。そして祈ること
著作者等 鎌田 東二
書名ヨミ ウタ ト シュウキョウ : ウタウ コト ソシテ イノル コト
書名別名 Uta to shukyo
シリーズ名 ポプラ新書 020
出版元 ポプラ社
刊行年月 2014.1
ページ数 242p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-591-13780-2
NCID BB14734171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22357078
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想