転換期の日本へ : 「パックス・アメリカーナ」か「パックス・アジア」か

ジョン・W・ダワー, ガバン・マコーマック 著 ; 明田川融, 吉永ふさ子 訳

領土紛争、沖縄と基地、憲法改正、集団的自衛権、核と原発、歴史認識問題など、課題が山積するなか、東アジア情勢はいっそう緊迫度を増している。日本の選択はどこにあるのか?米国への「従属」を続けるのか、それともアジア中心の新たな安全保障体制を構築するのか。戦後日本を規定したサンフランシスコ体制の「負の遺産」を詳細に検討し、沖縄をはじめとする「辺境」の新たな可能性を見据えながら、取るべき方向性を提示する。世界的大家からの日本への提言!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サンフランシスコ体制-その過去、現在、未来(サンフランシスコ体制の歪な起源
  • 問題を孕む八つの遺産
  • 現在の不確実性
  • 恐怖と希望)
  • 第2章 属国-問題は「辺境」にあり(サンフランシスコ体制が生んだ「根本的問題」
  • 沖縄-ないがしろにされつづける民意
  • 馬毛島-秘密裏に進む軍事基地計画
  • 八重山諸島、与那国島-四つの難題
  • 尖閣(釣魚)諸島問題-五つの論争点
  • 辺境の島々と北朝鮮-「正常化」交渉の挫折と核実験
  • 「辺境」は「中心」へ)
  • 第3章 対談 東アジアの現在を歴史から考える(属国の代償
  • 歴史問題論争-戦争の記憶と忘却
  • 朝鮮半島問題-核と拉致をめぐって
  • 改憲-揺らぐ反軍国主義の理想
  • 領土紛争と東アジアのナショナリズム
  • 台頭する中国のゆくえ
  • 「パックス・アメリカーナ」か「パックス・アジア」か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転換期の日本へ : 「パックス・アメリカーナ」か「パックス・アジア」か
著作者等 Dower, John W
McCormack, Gavan
吉永 ふさ子
明田川 融
マコーマック ガバン
ダワー ジョン・W.
書名ヨミ テンカンキ ノ ニホン エ : パックス アメリカーナ カ パックス アジア カ
書名別名 Pax Americana versus Pax Asia
シリーズ名 NHK出版新書 423
出版元 NHK
刊行年月 2014.1
ページ数 311p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-14-088423-2
NCID BB14509084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22355492
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
サンフランシスコ体制 ジョン・W・ダワー, 明田川 融
属国 ガバン・マコーマック, 吉永 ふさ子
東アジアの現在を歴史から考える ガバン・マコーマック, ジョン・W・ダワー, 明田川 融
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想