国境とは何だろうか

鶴見俊輔 著

[目次]

  • 同時代の断層を読む(加藤周一
  • 宮内嘉久)
  • ルーズヴェルトのことば(都留重人)
  • 「敗戦体験」から遺すもの(司馬遼太郎)
  • 移民の理想を追って(井上靖)
  • 焼け跡の記憶(開高健)
  • 在日を生きる(金時鐘
  • 日高六郎
  • 飯沼二郎
  • 大沢真一郎)
  • 自分の立つ場はあるか(森崎和江)
  • 集落のもつ広がり(原広司)
  • 開かれた日本語(桑原武夫)
  • 国籍って、じゃまくさいねえ(イーデス・ハンソン
  • 森毅)
  • もうひとつのまなざし(秋野不矩)
  • 『死霊』は宇宙人へのメッセージ(埴谷雄高
  • 河合隼雄)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国境とは何だろうか
著作者等 Hanson, Edith
井上 靖
加藤 周一
原 広司
司馬 遼太郎
埴谷 雄高
大沢 真一郎
宮内 嘉久
日高 六郎
桑原 武夫
森 毅
森崎 和江
河合 隼雄
秋野 不矩
都留 重人
金 時鐘
開高 健
飯沼 二郎
鶴見 俊輔
書名ヨミ コッキョウ トワ ナンダロウカ
書名別名 Kokkyo towa nandaroka
シリーズ名 鶴見俊輔座談
出版元 晶文社
刊行年月 1996.10
ページ数 418, 15p
大きさ 20cm
ISBN 4794948700
NCID BN15177155
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97033915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想