映画視線のポリティクス : 古典的ハリウッド映画の戦い

加藤幹郎 著

映画会社が製作の現場から興行の末端まで丸抱えにしたスタジオ・システムの時代、1930年代末〜40年代のハリウッドでは一本のフィルム成立に複雑怪奇な手順、障碍が関与した。世界大戦を背景に、文書資料、インタビュー、映像分析等を駆使してハリウッド映画の生成過程を追跡する気鋭の論考。「映画製作倫理規定(プロダクション・コード)」全訳を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 検閲と生成-スクリューボール・コメディ論
  • 第2章 喜劇映画作家がプロパガンダを撮るとき
  • 第3章 雇われた黒人-カールトン・モス・インタビュー
  • 第4章 ジャンルとジェンダー
  • 補遺 映画製作倫理規定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画視線のポリティクス : 古典的ハリウッド映画の戦い
著作者等 加藤 幹郎
書名ヨミ エイガ シセン ノ ポリティクス
書名別名 Eiga shisen no poritikusu
出版元 筑摩書房
刊行年月 1996.9
ページ数 177, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4480872833
NCID BN15223015
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97033002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想