明治哲学の研究 : 西周と大西祝

小坂国継 著

[目次]

  • 第1部 西周と近代日本の哲学(日本哲学の先達
  • 幕末・明治初年における哲学の受容とその特質
  • 『百一新論』と啓蒙の精神
  • 西周の哲学体系)
  • 第2部 大西祝と明治の倫理学(忘れられた思想家
  • 『良心起原論』とその課題
  • 批評の精神
  • 伝統と啓蒙-東西の道徳観
  • 明治期の倫理学-『倫理学』と『善の研究』)
  • 第3部 現象即実在論の系譜(明治期の観念論の特性
  • 井上円了と「相含」の論理
  • 井上哲次郎の現象即実在論
  • 清沢満之の有限無限論
  • 西田幾多郎の純粋経験説)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治哲学の研究 : 西周と大西祝
著作者等 小坂 国継
書名ヨミ メイジ テツガク ノ ケンキュウ : ニシ アマネ ト オオニシ ハジメ
書名別名 Meiji tetsugaku no kenkyu
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.12
ページ数 431,5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-024953-9
NCID BB1439802X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22358522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想