自然美学

マルティン・ゼール [著] ; 加藤泰史, 平山敬二 監訳 ; 阿部美由起, 小川真人, 菅原潤, 高畑祐人, 長澤麻子, 宮島光志 訳

なぜ、われわれは自然に対して好感を抱くのか。自然に配慮することが人間社会の保護に行き着くのはなぜか。なぜ、自然美は人間的実存がその生をうまく成就できるような範例的な場所であるのか。自然を美的に知覚する可能性を体系的・規範的に記述して、美学と倫理の根源に新たな展望を切り開く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 緒論 自然に対する人間の関係
  • 第1章 観照の空間としての自然
  • 第2章 照応する場所としての自然
  • 第3章 想像の舞台としての自然
  • 第4章 自然知覚の時間
  • 第5章 芸術の偉大さ
  • 第6章 自然美の道徳
  • 結論 自然考察の限界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然美学
著作者等 Seel, Martin
加藤 泰史
宮島 光志
小川 真人
平山 敬二
菅原 潤
長澤 麻子
阿部 美由起
高畑 祐人
ゼール マルティン
書名ヨミ シゼン ビカク
書名別名 EINE ÄSTHETIK DER NATUR
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1002
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2013.12
ページ数 435,58p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01002-6
NCID BB14361700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22367569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想