嵐の正体にせまった科学者たち : 気象予報が現代のかたちになるまで

John D.Cox 著 ; 堤之智 訳

多くの人が当たり前のように利用している気象予報は、どのようにしてできあがったのだろうか。28人の科学者にスポットを当て、気象予報がまだ科学とはいえなかった18世紀から、コンピュータを利用する現代のかたちになるまでの歴史をたどる。時には命がけの冒険でデータを集め、綿密な観察によって混沌としているようにみえるものから法則を見つけ出し、さまざまな困難と戦いながら時代の逆風に耐えて少しずつ気象の真実にせまっていった、科学者たちの生き様。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生まれたばかりの幼子(ベンジャミン・フランクリン-風を追う
  • ルーク・ハワード-雲を命名する ほか)
  • 第2部 アメリカの嵐(ウィリアム・C.レッドフィールド-痕跡を歩く
  • ジェームズ・P.エスピー-嵐の養育家 ほか)
  • 第3部 大きな流れ(ロバート・フィッツロイ-報われなかった先駆者
  • ユルバン・J.J.ルヴェリエ-クリミアを覆う雲 ほか)
  • 第4部 前線とともに(ウィルヘルム・ビヤクネス-ベルゲン学派の指導者
  • ルイス・フライ・リチャードソン-予報工場 ほか)
  • 第5部 新たな科学への急展開(ジュール・グレゴリー・チャーニー-数学を制する
  • ジェローム・ナマイアス-季節予報の予報官 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 嵐の正体にせまった科学者たち : 気象予報が現代のかたちになるまで
著作者等 Cox, John D
堤 之智
Cox John D.
書名ヨミ アラシ ノ ショウタイ ニ セマッタ カガクシャタチ : キショウ ヨホウ ガ ゲンダイ ノ カタチ ニ ナル マデ
書名別名 Storm Watchers

Arashi no shotai ni sematta kagakushatachi
出版元 丸善
刊行年月 2013.12
ページ数 393p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-621-08749-7
NCID BB14376661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22352216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想