IMPACT MAPPING : インパクトのあるソフトウェアを作る : 4つの思考軸から生まれるパワフルな戦略的プランニング

ゴイコ・アジッチ 著 ; 平鍋健児, 上馬里美 訳

インパクトマップとは?スコープとその背景にある仮説を視覚化したマップである。技術側、ビジネス側、両方のエキスパートが協同で作る。なぜ(WHY)?誰が(WHO)?どのように(HOW)?何を(WHAT)?上記4つの質問に答えることで発想を広げていくマインドマップを作るのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • インパクトマップとは?(ゴール
  • アクター
  • インパクト ほか)
  • インパクトマップの役割(3つの重要な役割を知ろう
  • インパクトマップが解決する、よくある問題
  • 機能ではなく、ビジネスゴールをデリバリしよう ほか)
  • インパクトマップをつくろう(マップの準備(ステップ1:本当のゴールを見つける
  • ステップ2:適切な測定値を定義する
  • ステップ3:最初のマイルストーンを計画する) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 IMPACT MAPPING : インパクトのあるソフトウェアを作る : 4つの思考軸から生まれるパワフルな戦略的プランニング
著作者等 Adzic, Gojko
上馬 里美
平鍋 健児
アジッチ ゴイコ
書名ヨミ インパクト マッピング : インパクト ノ アル ソフトウェア オ ツクル : ヨッツ ノ シコウジク カラ ウマレル パワフル ナ センリャクテキ プランニング
書名別名 IMPACT MAPPING

Inpakuto mappingu
出版元 翔泳社
刊行年月 2013.12
ページ数 77p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7981-3593-9
NCID BB14888029
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22348980
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想