電池はどこまで軽くなる? : くらしを支える電子とイオン

電気化学会 編 ; 立間徹, 渡辺正, 西原寛, 板垣昌幸, 竹山春子 著

くらしに欠かせない"電子とイオン"。その働きをわかりやすく解説しました。エネルギーを生み、蓄え、そのエネルギーで色々なものをつくる。そのとき、目には見えなくても、"電子とイオン"が大忙しで働いています。私たちのからだや、植物の中でも、"電子とイオン"は大活躍。現在から未来まで明るく照らす"電子とイオン"。その科学は、日本が世界をリードしています。世界中で使われているリチウムイオン電池も、光触媒も、日本の企業が実用化したのです。未来の技術も盛りだくさん…"電子とイオン"には、夢がつまっています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 電子・イオンとエネルギー(電池は電気をどうつくる?
  • 乾電池はなぜ充電できないの? ほか)
  • 2 電子・イオンと身近な製品(ステンレスはなぜさびない?
  • 金ぴかのプラスチックはどうつくる? ほか)
  • 3 電子・イオンと命のしくみ(酸素はなんでだいじなの?
  • 血糖値を測るには? ほか)
  • 4 電子・イオンのひらく未来(電池はどこまで軽くなる?
  • 太陽電池を着て歩ける? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電池はどこまで軽くなる? : くらしを支える電子とイオン
著作者等 板垣 昌幸
渡辺 正
立間 徹
西原 寛
電気化学会
竹山 春子
書名ヨミ デンチ ワ ドコマデ カルク ナル : クラシ オ ササエル デンシ ト イオン
出版元 丸善
刊行年月 2013.12
ページ数 148p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-621-08705-3
NCID BB14458799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22347973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想