キース・ジャレットの頭のなか

中山康樹 [著]

キース・ジャレットの音楽が語りかけるものを聴き取り、その思考を探る。各章の最後には、「キース・ジャレットの頭のなか」を知るための重要作品や参考となる関連作品、計50タイトルを掲載!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • キース・ジャレットはどこからやってきたのか
  • 第1章 キース・ジャレットの60年代(出発点としてのチャールス・ロイド
  • 1966年におけるザ・バンドの浮上 ほか)
  • 第2章 マイルス・デイヴィスとふたつのカルテット(作曲と演奏
  • エレクトリック・マイルス時代 ほか)
  • 第3章 ジャズ・ピアニストの時代(アメリカ・ジャズ界とキース
  • 「ピアニスト」と「ジャズ・ピアニスト」 ほか)
  • 第4章 再生のとき(マイルスの死
  • 追悼盤『バイ・バイ・ブラックバード』の疑問 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キース・ジャレットの頭のなか
著作者等 中山 康樹
書名ヨミ キース ジャレット ノ アタマ ノ ナカ
書名別名 Kisu jaretto no atama no naka
出版元 シンコーミュージック・エンタテイメント
刊行年月 2014.1
ページ数 189p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-401-63912-0
NCID BB17239703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22348408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想