セクシュアリティの近代

川村邦光 著

「近代」は日本人の性をいかに変えたか?性の王国=江戸の豊かさを、開化・西洋性科学が引き裂いていく。『青鞜』の激しい処女論争、奇怪な似非性科学の氾濫、「強い男・弱い女」神話の呪縛など、外部からの力に揺れつづけた近代日本の性を鋭く解析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 透谷、処女を論ず
  • 第1章 色情のエチカ
  • 第2章 文明開化のセクソロジー
  • 第3章 性欲の時代
  • 第4章 性家族の肖像
  • 第5章 男らしさと女らしさの神話
  • 第6章 戦争と母性愛の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セクシュアリティの近代
著作者等 川村 邦光
書名ヨミ セクシュアリティ ノ キンダイ
書名別名 Sekushuariti no kindai
シリーズ名 講談社選書メチエ 86
出版元 講談社
刊行年月 1996.9
ページ数 244p
大きさ 19cm
ISBN 4062580861
NCID BN15031772
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97024633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想