自然権と歴史

レオ・シュトラウス 著 ; 塚崎智, 石崎嘉彦 訳

すべての人間は、生まれながらにして決して奪いえない天賦の権利を有する-こうした自然権の思想は、19世紀に出現した歴史主義により徹底的な攻撃にさらされた。正義が自然に基礎をもつとするこ の思想の否定こそが、20世紀における全体主義の台頭をもたらしたのである。自然権は擁護されなければならない。では、その可能性はどこに求められるべきか。本書では、「自然の発見」という哲学の営みの根源にまで立ち返りつつ、古代ギリシアから現代にいたる思想史を大胆に読みなおす。万人の自由と平等をうたう近代的理性それ自体の問題を浮き彫りにした、20世紀を代表する政治哲学者の主著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自然権と歴史的アプローチ
  • 2 事実と価値の区別と自然権
  • 3 自然権観念の起源
  • 4 古典的自然権
  • 5 近代的自然権
  • 6 近代的自然権の危機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然権と歴史
著作者等 Strauss, Leo
塚崎 智
石崎 嘉彦
シュトラウス レオ
書名ヨミ シゼンケン ト レキシ
書名別名 Natural Right and History
シリーズ名 ちくま学芸文庫 シ33-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.12
ページ数 507p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09584-8
NCID BB14273625
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22354214
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想