小津安二郎と「東京物語」

貴田庄 著

小津安二郎の代表作『東京物語』はどのように誕生したのだろうか?主人公はなぜ老夫婦になったのか?脚本はどのように書かれたのか、撮影はどんなふうに進められたのか。『東京物語』の完成までを、当時の小津の日記、出演俳優の発言、スタッフの証言、当時の雑誌などをもとに明らかにする。小津安二郎没後五十年、『東京物語』が封切られて六十年、映画史上の名作の舞台裏を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 『東京物語』と『明日は来らず』
  • 2章 『東京物語』の脚本執筆
  • 3章 『東京物語』のロケハン
  • 4章 『東京物語』の撮影
  • 5章 『東京物語』の脚本再考
  • 6章 『東京物語』の封切りと評価
  • 7章 『東京物語』の欧米デビュー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小津安二郎と「東京物語」
著作者等 貴田 庄
書名ヨミ オズ ヤスジロウ ト トウキョウ モノガタリ
書名別名 Ozu yasujiro to tokyo monogatari
シリーズ名 東京物語 (映画) き18-2
ちくま文庫 き18-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.12
ページ数 253p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43129-5
NCID BB14264169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22354056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想