セカイからもっと近くに : 現実から切り離された文学の諸問題

東浩紀 著

想像力と現実が切り離されてしまった時代に、文学には何ができるだろう。ライトノベル・ミステリ・アニメ・SF、異なるジャンルの作家たちは、遠く離れてしまった創作と現実をどのように繋ぎあわせようとしていたのだろうか。新井素子、法月綸太郎、押井守、小松左京-四人の作家がそれぞれの方法で試みた、虚構と現実の再縫合。彼らの作品に残された現実の痕跡を辿りながら、文学の可能性を探究する。著者最初にして最後の、まったく新しい文芸評論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新井素子と家族の問題
  • 第2章 法月綸太郎と恋愛の問題
  • 第3章 押井守とループの問題
  • 第4章 小松左京と未来の問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セカイからもっと近くに : 現実から切り離された文学の諸問題
著作者等 東 浩紀
書名ヨミ セカイ カラ モット チカク ニ : ゲンジツ カラ キリハナサレタ ブンガク ノ ショモンダイ
書名別名 Sekai kara motto chikaku ni
シリーズ名 KEY LIBRARY
出版元 東京創元社
刊行年月 2013.12
ページ数 173p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-488-01536-7
NCID BB14410850
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22346736
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想