ジョイスを訪ねて : ダブリン・ロンドン英文学紀行

中尾真理 著

アイルランド人作家、ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』。ダブリンの一日を描いたこの小説の読書会に十数年参加する著者による「ジョイス詣で」の旅。「文学」を訪ねる旅の面白さを伝える紀行エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ダブリン(日本からダブリンへ
  • 空飛ぶ船の乗客
  • 空港から市内へ ほか)
  • 第2部 ロンドン(パディントンと言えば
  • 閑話休題
  • ポートベロの骨董市 ほか)
  • 第3部 カーライルの家(ロンドンを地下鉄で歩く
  • 漱石のロンドン
  • 懐かしきイギリスのロースト・ビーフ! ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジョイスを訪ねて : ダブリン・ロンドン英文学紀行
著作者等 中尾 真理
書名ヨミ ジョイス オ タズネテ : ダブリン ロンドン エイブンガク キコウ
書名別名 Joisu o tazunete
出版元 彩流社
刊行年月 2013.12
ページ数 235,7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7791-1925-5
NCID BB14268807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22342447
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想