法思想史の新たな水脈 : 私法の源流へ

竹下賢, 宇佐美誠 編

[目次]

  • 第1部 私法思想史-筏津安恕の理論をめぐって(ドイツ近代私法学における三つの自由意思概念
  • ヘーゲルにおける契約・相互承認・人倫-筏津安恕のヘーゲル研究によせて
  • 筏津法哲学の現代的意義-私法思想史を中心として)
  • 第2部 ドイツ近代私法-思想と制度をつなぐ(カント私法論の哲学的基礎づけ
  • モムゼン『利益論』の意義-損害差額説の確立とその背景
  • いわゆる「相続法」の成立について)
  • 第3部 法思想史の古典-古代から現代まで(古代正義思想における継承と転換-ソクラテス・プラトン・アリストテレス
  • カントによる「自由の体系」の基礎づけ-啓蒙期自然法論からの哲学的転回
  • 法理念としての国際平和-ラートブルフから恒藤恭へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法思想史の新たな水脈 : 私法の源流へ
著作者等 中野 邦保
今井 弘道
佐藤 啓子
北居 功
宇佐美 誠
永尾 孝雄
竹下 賢
筏津 安恕
青井 秀夫
書名ヨミ ホウシソウシ ノ アラタ ナ スイミャク : シホウ ノ ゲンリュウ エ
書名別名 Hoshisoshi no arata na suimyaku
出版元 昭和堂
刊行年月 2013.11
ページ数 254,2p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8122-1342-1
NCID BB14204746
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22344014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想