木材と文明 : ヨーロッパは木材の文明だった。

ヨアヒム・ラートカウ 著 ; 山縣光晶 訳

ヨーロッパは文明の基礎になる「木材」を利用するために、どのように森林、河川、農地、都市を管理してきたのか。王権、教会、製鉄、製塩、製材、造船、狩猟文化、都市建設から木材運搬のための河川管理まで、錯綜するヨーロッパ文明の発展を「木材」を軸に膨大な資料をもとに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史への木こり道(木の時代
  • 人間と森-歴史を物語る数々の歴史
  • 歴史的変遷における木材の自然としての本性)
  • 第2章 中世、そして、近世の曙-蕩尽と規制の間にあった木材資源(森の限界に突きあたる中世社会
  • 建築用木材と様々な用途の木材-木材が交易商品となる
  • 薪の大規模消費者の勃興と第一波のフォルスト条令)
  • 第3章 産業革命前夜-「木の時代」の絶頂と終焉(改革、革命、そして、木材業
  • 「木材飢饉という亡霊」-木材業は破局を目の前にしていたのか
  • 森-生活の空間から資本へ
  • 木材の消費者-家計を営む者の木材の節約、拡がる木材の節約
  • しだいに押しのけられる木材)
  • 第4章 高度工業化時代-材料への変質と木材のルネッサンス(森-工業化の時代の経済の原動力
  • 木材工業における技術革命
  • 断絶を招く原材料、つなぎ合わせる手段-環境保護の時代の森と木材)
  • 第5章 国境を越えて見る-西欧文化以外における木材と森の生業(グローバルな視野とコントラスト-アジア諸国の事例
  • 相剋と(自称の)解決策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 木材と文明 : ヨーロッパは木材の文明だった。
著作者等 Radkau, Joachim
山県 光晶
山縣 光晶
ラートカウ ヨアヒム
書名ヨミ モクザイ ト ブンメイ : ヨーロッパ ワ モクザイ ノ ブンメイ ダッタ
書名別名 Holz
出版元 築地書館
刊行年月 2013.12
ページ数 349p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8067-1469-9
NCID BB14233438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22341631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想