事典江戸の暮らしの考古学

古泉弘 編

近年、エコロジカルと再評価される江戸時代の暮らしとはいかなるものだったのか。発掘された遺構や、衣食住・信仰・なりわいに関わる生活に即した項目を収め、多彩な江戸の暮らしを再現。関連史跡一覧などの付録も充実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 江戸の住人(発掘された大名屋敷
  • 大名屋敷の装置 ほか)
  • 2 江戸のインフラ(江戸城はどのように造られたか
  • 江戸城の堀と石垣 ほか)
  • 3 江戸の衣食住(履物
  • 髪型と結髪用具 ほか)
  • 4 江戸を生きる(やきもので作られたさまざまな人形
  • 演じる木人形 ほか)
  • 5 江戸のなりわい(隅田川沿岸で作られたやきもの
  • 地下で行われた麹作り ほか)
  • 6 江戸から東京へ(品川御台場-江戸湾海防のために築かれた砲台
  • 日本鉄道発祥の地 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 事典江戸の暮らしの考古学
著作者等 古泉 弘
書名ヨミ ジテン エド ノ クラシ ノ コウコガク
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2013.12
ページ数 355,29p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-08091-0
NCID BB14156825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22338324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想