なぜかミスをしない人の思考法

中尾政之 著

人間は必ず失敗する。それも性懲りもなく、同じような失敗を繰り返す。しかし、自分のミスをきちんと知識化、教訓化することがミスの再発を防ぐだけでなく、逆にミスしないようなスキルやノウハウを積み上げる。そして、それが質の高い仕事をするための絶好のチャンスに変わる。すべては、「仕組み」で解決できる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ミスをしない人の「基本ルール」-失敗の発生源を知っておく(教訓の法則 人の失敗は「最高の教科書」になる-気乗りしない報告ほど、重要度が高い
  • 油断の法則 「大丈夫」と思ったときこそ、丁寧に動く-「失敗の3悪人」をどう追放するか ほか)
  • 2章 致命的なミスを先回りして防ぐ方法-この"サイン"を見逃すな!(予兆の法則 「まさか!」を芽のうちに摘み取る-「最初の予兆に気づく」カギ
  • 自信過剰の法則 自分勝手な"カイゼン"命取りになる-マニュアルの意味を理解できているか ほか)
  • 3章 ピンチで力を発揮する人の条件-起きてしまったミスへの最善策(リーダーの法則 非常時に、「人の上に立つ器」が試される-江戸時代にあった「失敗学」の書
  • 誠意の法則 "逃げも隠れも嘘もない"姿勢を示す-いざというとき、喜んで犠牲を払えるか ほか)
  • 4章 ミスを将来の財産にする考え方-できる人は、転んでもただで起きない(試行錯誤の法則 常識にしがみつくと、本質を見失う-「現場」×「データ」で分析する
  • 一極集中の法則 "イチかバチか"のギャンブルに乗らない-"世界一の営業マン"の思考法 ほか)
  • 5章 ミスの起こらない「仕組み」をつくる-失敗の芽を元から絶つ!(構造の法則 "マニュアル"はいつも破られるためにある-「精神論」だけでミスはなくならない
  • 過剰適応の法則 成功事例を追いかけると、かえって危険-"天の邪鬼"発想をするメリット ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜかミスをしない人の思考法
著作者等 中尾 政之
書名ヨミ ナゼカ ミス オ シナイ ヒト ノ シコウホウ
シリーズ名 BUSINESS な42-1
知的生きかた文庫 な42-1
出版元 三笠書房
刊行年月 2013.12
ページ数 213p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8379-8233-3
NCID BB14514801
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22332961
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想