雨の景観への招待 : 名雨のすすめ

小林享 著

古来より日本人は、雨を身近に感じ、ふれあい、その風景を愛でてきた。雨にまつわる事象を紹介しながら、日本人が雨との交渉の中で築き上げてきた風景体験、文化的伝統を通して、雨の風景を再発見し、環境形成のあらたなる規範を提供する。雨の風景を通して「景観とは何か」をまなぶ、新しい景観論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 季節の雨に学ぶ
  • 2 日常の風景と雨の演技
  • 3 技芸と雨景-雨景の表現様式を探る
  • 4 雨とアメニティの道を探る-雨の姿と意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雨の景観への招待 : 名雨のすすめ
著作者等 小林 享
書名ヨミ アメ ノ ケイカン エノ ショウタイ
書名別名 Ame no keikan eno shotai
出版元 彰国社
刊行年月 1996.7
ページ数 154p
大きさ 19cm
ISBN 4395004415
NCID BN14811415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97020203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想