日本のスポーツ界は暴力を克服できるか

森川貞夫 編

[目次]

  • 1 学校の運動部活動における体罰の問題点と課題(スポーツにおける暴力とは何か
  • 判例から見た体罰の定義とその罰則
  • 体育・スポーツ行政から見た運動部活動の問題と課題)
  • 2 スポーツにおける暴力と選手・子どもの人権の課題(人権に配慮あるスポーツ環境の構築めざして
  • 柔道女子トップアスリートの悩みと苦しみ
  • スポーツにおける暴力・セクハラ・パワハラの法的諸問題)
  • 3 暴力の克服をめざすスポーツ指導者の経験から(運動部活動を教師のものから生徒のものへ変えよう
  • 「甲子園塾」の取り組みの経験
  • 橋下氏の介入を打ち破った!)
  • 特別対談 トップアスリートを育てる指導とは(指導者はどう変わるべきか
  • 暴力のない新しいスポーツ界を
  • ダイバーシティ・マネージメントをスポーツに)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のスポーツ界は暴力を克服できるか
著作者等 山本 徳郎
森川 貞夫
桂 充弘
岡本 大典
書名ヨミ ニホン ノ スポーツカイ ワ ボウリョク オ コクフク デキルカ
書名別名 Nihon no supotsukai wa boryoku o kokufuku dekiruka
出版元 かもがわ
刊行年月 2013.11
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7803-0656-9
NCID BB14184343
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22335235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想