観光分析 : 計量的アプローチと応用

張長平 著

観光産業はそもそもネットワークビジネスであり、ネットワーク分析は、複数の観光地を回る様々な観光ルートの可視化と計測により各観光地における観光施設やサービスの再編成・再開発を手助けし、観光地管理の改善を図るための有力な分析ツールになっており、観光政策の策定によく利用されている。ネットワーク分析とデータ分析に統一したR言語を利用してさまざまな分析結果を得た。本書は観光分析の三つの主要分野の理論と実践を解説し、日本国内外の観光の適用事例を示すことによってこれらの分析法をいかに応用するかについて詳述している

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 観光ネットワーク分析(観光ネットワーク分析の基本
  • ネットワークの基礎
  • 中心性と観光中心地
  • ネットワークモデル)
  • 第2部 観光データ分析(観光データの収集
  • データの仮説検定
  • データの構造分析)
  • 第3部 観光モデリング(線形回帰モデル
  • ロジスティックモデル
  • 構造方程式モデリング)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観光分析 : 計量的アプローチと応用
著作者等 張 長平
書名ヨミ カンコウ ブンセキ : ケイリョウテキ アプローチ ト オウヨウ
書名別名 Kanko bunseki
出版元 古今書院
刊行年月 2013.11
ページ数 219p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7722-3155-8
NCID BB14099437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22332630
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想