銀の十字架(クロス)とドラキュリア  5

十月ユウ 著

「『真祖』はもういない…最後の一人は、ミラルカというわけか。ならば、私は何なのだ!?」尊大で無防備、そして意外と純情な記憶喪失の吸血鬼・ルシュラと、彼女の記憶を取り戻す手伝いをする少年・紅城緋水。自分が何者なのかを知るため、姿を消してしまったルシュラ。代わって緋水の前に現れたのは、かつて紅城と一緒に暮らし、灰となって滅びたはずの吸血鬼・ミラルカだった。ルシュラの出自を知るミラルカの目的は?そして『真祖』の謎が今、明かされる-。学園妖魔ラブコメ&アクション、ここに完結!!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 銀の十字架(クロス)とドラキュリア
著作者等 十月 ユウ
書名ヨミ ギン ノ クロス ト ドラキュリア
書名別名 銀の十字架とドラキュリア

Gin no kurosu to dorakyuria
シリーズ名 富士見ファンタジア文庫 と-1-3-5
巻冊次 5
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2013.11
ページ数 301p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-712955-9
全国書誌番号
22330865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想